奈良(大阪・京都)・浄土宗・葬儀やお墓、法要のご相談を承ります。

極楽寺ホームページ開設しました。

極楽寺ホームページ開設しました。

皆様 初めまして。
極楽寺住職の吉本正弘です。

5年前の正月、住職の祖母が亡くなりました。
そして当時自衛官であった孫の私が、仏縁をいただきました。

自衛隊では、外の世界を娑婆と言います。
その娑婆に出て、仏門をくぐって5年。
その間に住職となり、3年が過ぎました。

ご年配の先輩住職達からは、「住職三年、もの言わず。」と、ご指導をいただいておりました。
まだまだ未熟で、”信”よりも”興味”が勝っているのが正直なところ。
ですが、一人でも多くの方と共に「なむあみだぶつ」とお念仏、口に出しておとなえ(口称)できればと思います。

少しずつ、もの言いはじめます。
今日からホームページ、開設しました。
ブログも始めます。

先ほどから、画面を前にして。
カーソルは規則正しく点滅、しかしそこから動きません。
いったい何を書いていいのやら。
筆が進まないと言うのか指が動かないと言うのか、いったい何を書けばいいのやら。

こういう時にはとりあえず、写真がありがたい。
その写真を選ぶとき、コマーシャルなどでは「3B原則(3B Law)」なるものが。
美人(Beauty)、動物(Beast)、子供や幼児(Baby)を使うと好印象を与えるそうです。

文書にも、そんな頭文字をとった原則があればありがたい。
これまでたくさんのブログやSNSの投稿文を読み、その都度、色々な感想や感情を抱いてきたのに。
いざ自分がとなると、なかなか書けないもの。

何を書こうかから、やがてどんな表現だとウケるのか、
どうすればおしゃれな感じになるのか。
女性ウケはどうすれば...........

いつしか、推し量っています。誰かと比べています。
.......く、く、くるしい。

「なむあみだぶつ」とのお称(とな)えは、「阿弥陀さまどうか私をお救い下さい」との気持ちです。
その阿弥陀とは、サンスクリット語でアミターユスとアミターバス、二つの意味をお持ちです。
アミターユスはアミタ・アーユス、アミタは無量、アーユスは寿命。つまり無量の寿命を持つ仏さま。
アミターバはアミタ・アーバ、アーバは光。つまり無量の光を持つ仏さまなのです。

そしてその無量とは「量れない」の意味。あるいは「量らない」とも解釈できるそうです。
阿弥陀さまを考えるうえで、この「量らない」はとても重要なこと。

私達は、つねに物事を量ります。
いくらあるのか、いい人か悪い人か、どっちが得なのか、などと量ったり、比較したりしてしまいます。

”量る”こと、あるいは“比べる”こと。
実はこれによって、苦しんだり、悲しんだりするのですね。

こうして苦しんでいるうちに、ブログが書けました。
ありがたい事です。

写真:大神神社「夏越の大祓い」茅の輪くぐり。

夏越の大祓い@大神神社

コメント



認証コード0940

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional