奈良(大阪・京都)・浄土宗・葬儀やお墓、法要のご相談を承ります。

善意と悪意

善意と悪意

画像の説明

非常時にあって打ちひしがれた時、善意に会えばいつかは立ち上がれるものだと思う。
しかし悪意に会った時、立ち上がる事は難しい。

被災地には善意も多く集まるが、悪意も多く集まってくる。
そういう環境である。
災害から身を守ると同時に悪意から身を守ること。そして、守ってあげること。

打ちひしがれそうで、実に実に大変でしょうが、被災地の男達よ、どうか奮い立っていただきたい。

コメント



認証コード4581

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional