奈良(大阪・京都)・浄土宗・葬儀やお墓、法要のご相談を承ります。

ありのままを

ありのままを

教育入校中の現職(彼)と、予備自衛官訓練参加中の住職(私)
信太山レンジャーで、先任助教と教官の仲。

久々に京都タワー前で再会。

「教官は、自衛官としてあるべき姿(理想)を目指して学生を厳しく教育をしなければならない。
と同時に、上官として今ある姿(現実)のその部下を愛し、そして慈しまなければならない。

今ある姿で愛するとは、その者の個性を愛することである。
そして個性とは、良い面、悪い面、両面全てを言う。

私達は、理想の人だけを愛していないか?良い面だけを個性だととらえていないか?
常に自問しなければならない」

多くの部下や後輩を持つ現職の彼にも
多くの人との関わりを持つ住職の私にも
共通する珠玉の結論に至りました。画像の説明

コメント



認証コード0880

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional